こは地球のどこかにある大きなグラウンド。
ここにひとりの男がいた。その名もシチロー。4割6分1厘という打率の世界記録を持っている。
ある日、野球仲間である松丼に呼ばれたので行ってみると、 そこにあったのは超小型のロケットであった。
シ:なんだよこれは!?
松:見ての通り小型ロケットさ。NASU(ナス)と共同開発して、作ったんだ。作るのに2年もかかったんだぞ。
シ:なるほど。だからお前最近試合さぼってたんだな。ところで、年俸12分の1に減ってたぞ。
松:大丈夫。心配無用だ。このロケットで成功すれば億万長者、一攫千金だよ。
シ:でも、成功すればの話だろ。成功しなかったらどうするんだよ。
松:心配するな。今回は自信がある。それに秘策もあるしな。
シ:秘策ぅ?
松:お前に宇宙に行ってもらう。
シ:えぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!???
松:それに、宇宙で調査してほしいこともあるしな。。
シ:でもおれ試合があるんだぜ?
松:それも解決済みさ。実はロケットにワープ機能がついていてな、一度宇宙に行けば何回でも一瞬で地球と宇宙を往復できるんだ。
シ:おぉ!それはすごい。  …でもなんで一度宇宙へ行く必要があるんだ?
松:馬鹿め。ロケットがないのにどこにワープするんだよ。
シ:そう言われてみればそうか。ところで、調査してほしいことって何?
松:いや、実はな。かの有名なヌートン博士が、「宇宙の生命体を発見したんじゃ!さっそくだが、調べてもらえんかの。」って頼みに来たんだよ。
シ:生命体?
松:昔あったデマで、火星人はタコみたいな形してるとかあっただろ?
シ:あぁ。そういうことか。(さっぱり分からん。)
松:まあとにかく、宇宙に行ってきてくれ。成功したら、2割分けてやるから。
シ:2割!?そんなに頑張って?
松:しょうがないやつだなあ。それじゃあ3割にしてやるよ。これで文句ないだろ。
シ:まあいいか…
松:それじゃ交渉成立だ。あとは任せたよ。
シ:えぇっ!?
松:次の試合は7月13日のゴールドサックス戦だな。その時には帰らせてやるよ。あとはこれでも読んどきな。持ち物・服装なんかが書いてあるから。
「宇宙探検のしおり」
シ:おいおい…遠足じゃないんだぞ。
松:シチロー、きみにきめた!!じゃ、そういうことで。
シ:おい、待てよ。おい!!
こうして、シチローの旅は始まったのであった。
シ:勝手に始めるなぁーっ!