ストーリー 浩二は、海をどんどん奥深くまで行き、とうとう海溝まで来ました。
しかし、下からは何もこない。塞がっているのか、とりあえず
ドリルを探してから行くことにしました。
遥か道トップへ