ストーリー 森を抜けた浩二は大平原へ出た。ここは本当に島なのだろうか?
島だったとしたらかなり大きい島になる。では、大陸だったとしたら・・・?
そんなことを考えているうちに、雪が降ってきた。
すぐに積もったので一面はあっという間に大雪原である。宛てもなく、
もうひたすら歩くしか方法がなかった。
遥か道トップ